ロゴ

looking for a certain person

いざという時に役立つ!人探しを依頼する時の手順

大切な人が行方不明になった場合

大切な人がある日突然行方不明になった時、まずは落ち着いて冷静に行動しましょう。自力で探す方法や人探しを依頼する方法などいろいろあります。

人探しを依頼してから見つけるまでの流れ

女性

速やかに人探しの依頼をする

人探しをする前にまず警察に依頼するのか探偵に依頼するのか自力で探すかを選択し、速やかに判断するようにしましょう。

探偵社に見積もりを出してもらう

人探しを探偵社に依頼すると決めたらまずはネット上で探偵社を探して見積もりを出してもらいましょう、何社かに見積もりを出してもらう事をお勧めします。

探偵社を選ぶ

人探しのための見積もりを出してもらったら探偵社を何社か絞り、口コミなどを判断を総合して探偵社を選びます。

調査資料を渡す

探偵社を決めたら行方不明になった人の資料を渡します。私物や行動記録など思い出せる限り探偵社に伝えます。人探しをするコツは情報共有にあります。

人探しをしてもらう

調査資料を渡したら探偵社に人探しをしてもらいます。調査にはできる限り協力する体制でいることが人が早く見つかるポイントです。

第三者に人探しをお願いして早期解決に繋げよう

虫眼鏡

子供の家出問題は深刻

子供の家出問題は大人よりも深刻です。子供、特に中学生ごろから家出をしようと思う子供は多く、その多くは突発的に家出をしてしまうケースがあります。体力と行動力はあっても生きていくための知恵や経済力がないので友人や知人の家などで2~3日過ごして戻るケースが多いのですが、事件に巻き込まれないとも限りません。人探しをするなら速やかに行動をおこしましょう。

男性

家族がいなくなる原因を考える

家族が行方不明になるケースは事件・事故にまきこまれたというケース以外は何らかの原因が考えられます。家族への不満や経済的理由、駆け落ち、浮気や不倫などのケースもあります。ほかの家族の様子を見ながら計画的に家出する場合や、夫婦喧嘩や親子喧嘩をして飛び出すという突発的な理由で家出をする人もいます。いなくなった家族の人探しをするなら「何故いなくなったのか」の理由を考える事も重要です。

男性

行動パターンを把握して相談

人探しを探偵社などに依頼する場合は、まず行方不明になった人の行動パターン把握してから行動することをお勧めします。会社や学校へ行く時間、帰宅する時間、休日などの過ごし方、交友関係など日常の生活にヒントはたくさん隠されています。SNSの投稿やSNSでの交友関係もチェックが必要です。とにかくわかる範囲の行動範囲を把握して協力体制を取りましょう。

人形

人探しは第三者だからこそ成功しやすい

人探しは自力で探そうと思っても限界があります。自分から姿を消した人は見つけられる事を恐れます。探している事がわかってしまえばまた姿を隠してしまうかもしれません。また第三者の目線から見てもらった方が行方不明者と依頼者の関係性を冷静に分析してもらえるので人探しの進展につながる事もあります。自分から姿を消したひとにはそれなりの理由もあるので、その心理も追及しないといけません。できるだけプロにお願いしましょう。

[PR]
人探しの方法を詳しく解説!
専門家の手を借りよう

事件性が高まる前に対処しよう

人探しを速やか依頼する理由の一つとして「事件性に発展する前に探す」が挙げられます。何か事件に巻き込まれてからでは遅いので早めに対処したいのが家族の心理です。

広告募集中