人探しを依頼する前に!交友関係をあたってみよう
ロゴ

looking for a certain person

男女で対応が異なる!?人探しのコツを紹介

人探しを依頼する前に!交友関係をあたってみよう

双眼鏡を持つ人

息子と娘で対応法が異なる

子供の家出には必ず理由があります。家族に不満がある、学校や部に行きたくない、もっと友達と遊びたい、好きな人と一緒にいたいなどが主な理由です。特に中学生ぐらいになると家出をしやすい年齢になりますが、家出をするのに息子と娘では対応が違ってきます。それは男子より女子の方が事件に巻き込まれる率が非常に高くなるからです。速やかに人探しを依頼するには男女どちらも変わりませんが、特に女子の場合は早く探し出さないと迫る危険は倍増しますのでなるべく探すようにしましょう。

女性

見つかっても決して叱らない

子供が家出して発見された場合、親の心情としてはホッとすると同時に激しく叱りつけてしまう人も多いでしょう。それも無理もありませんが、まずは家出をした子供本人の気持ちを考えてあげてください。いきなり親から叱りつけてしまっては家出した子供の気持ちは救われません。叱るだけでは子供の心を開く事はできませんし、また家出を繰り返します。人探しのポイントは見つけた子供を叱らない事、そして時間をかけて話を聞くことなのです。

家出少女が向かう場所・ベスト3

虫眼鏡
no.1

友人の家など

家出少女が向かう場所で一番多いのは友人・知人の家です。同じ境遇の友人や知人の家に転がり込むケースは非常に多いです。人探しをする場合はあらかじめ交友関係を把握しておく事にあります。

no.2

恋人の家など

家出少女が向かう先は恋人の家というケースもあります。相手が一人暮らしの家などは特に確率が高くなります。恋人とずっと一緒いたいという単純な動機なケースもあるため人探しをするときはデリケートに対応しましょう。

no.3

ネットカフェ

ある程度お金を持っている家出少女の場合はネットカフェなどに滞在する場合もあります。ネットカフェの場合は事件や事故に巻き込まれる確率が高くなるため速やかに人探しをする必要があります。

広告募集中