【転職を成功させよう】未経験者でも就職可能な工場求人を探そう

  1. ホーム
  2. 塗料を塗る仕事

塗料を塗る仕事

刷毛

仕事内容と求められる技術

塗料を何らかの物に塗ることを塗装と言い、それらを仕事として行う人は塗装職人とも呼ばれます。塗装職人といっても種類は様々ですが、その目的は錆びたり劣化する可能性のある金属部品を保護するために塗料によって塗膜を作るといったことです。一般的には自動車やバイクの外装修理の仕上げや建物や橋などの風雨に晒され防水性が求められる部位を保護するために塗装が行われます。塗装の求人は比較的多く、特別な資格も必要ありません。特に多くの場合には職人が一人で担当する範囲の作業することが多いので職人の経験と技術が求められます。いずれにしても塗装の求人では特に資格は求められませんが、求人に有利な資格も整備されるようになっています。塗装関係の求人で有利になる資格としては、有機溶剤作業主任者、塗装技能士などがあります。有機溶剤作業主任者とは、有機溶剤系の塗料を扱うための正しい知識を学ぶための資格で塗装業のほか、ドライクリーニングを扱うクリーニング業、燃料タンクなどで作業する清掃業など有機溶剤と接する職業において必要とされる資格です。一方で塗装技能士は技能を学ぶための資格です。学ぶ範囲は広範囲で木工、建築、金属、噴霧、鋼橋など塗料を塗る素材の特性やその方法を資格として証明するというものです。なお実務経験が必要で3級では実務経験が6ヶ月以上で、2級は2年以上、1級は7年以上必要です。いずれにしても技能士の資格があれば資格によって実務経験年数を証明することができるので求人には有利に働きます。